NF米沢総会・報告会・講演会 2020年1月26日 


picture
2020年1月26日(日)午後1時30分から西部コミセンでNF米沢の総会を開催
引き続いて,午後2時から蔵王山アオモリトドマツ林の虫害対策について講演会を行いました。

総会では,昨年の活動報告,収支決算・予算,今年の活動計画などが話し合われました。
弥兵衛平湿原の植生回復については,みどり環境税からの補助金を得ていますが,長期になっている
と山形県担当者から指摘されたことが報告されました。
植生回復には相当の期間が必要であることを理解してもらう必要がありそうです。
picture
講演会は,山形森林管理署地域林政調整官の舩津浩章さんが,
 「蔵王山アオモリトドマツ林の虫害対策取り組み状況」
  ー 蔵王の樹氷 減少対策の取り組みー
というタイトルで講演して頂きました。

樹氷で有名な蔵王山ですが,樹氷になるアオモリトドマツが広範囲に立ち枯れしています。
2003年から,トウヒツヅリヒメハマキが葉を食害し,弱った木に,トドマツノキクイムシが
幹に穴をあけて食害し,アオモリトドマツが枯れたとのことです。
これらの経緯,状況と,播種苗や自生苗の移植などの対策を詳しく講演してもらいました。
picture
トドマツノキクイムシの虫害は,現在も継続中ですが,虫害そのものに対する有効な対策
は,現在のところ,みつかっていないそうです。
アオモリトドマツの播種や自生苗の移植は,林床を覆う1mほどの草丈のササを刈り払う
などして,試験的に行っている段階ですが,吾妻でも発生の可能性はあり,注視したいと
思います。